無保険車傷害保険

無保険車傷害保険

これは、自動車保険に加入していない車との事故の際に効力のある補償です。
一番嫌な状況は、この無保険車との事故。
保険に入っていない理由はそれぞれあるのでしょうが、車の修理費用や怪我の治療費なども泣き寝入りすることが無いように存在します。
補償額もかなり高めに設定されていることが多いので、これも大切な補償だといえるでしょう。

 

では、実際のところ、自動車保険に加入していない車ってどのくらい存在しているのでしょうか?
全体の70%は自動車保険に加入しているといわれていますので、全体の30%は自賠責保険のみの車ということになります。
この30%の車と事故をする可能性というのは、決して低いとはいえませんよね。
統計では、30代は90%くらいが自動車保険に加入しているようですから、年代によって加入率には開きがあるようです。
若い人が、保険に入る余裕がないということを聞きますが、そのパターンはかなり多いようですし、事故を起こしているのもこの若い人が多いのも現実問題としてあるようです。

 

自動車保険の無保険車傷害保険の補償額は一律2億円となっていますし、家族については車の乗っていない場合の事故でも補償されるというわけです。例えば、自転車の運転中に事故に遭った場合など。
家族がいる人には心強い補償内容となっているので、無保険車保険のことは忘れずにいたいものです。保険は自分で請求しないと補償してくれないものですから。