ファミリー向け自動車保険の契約の仕方

めでたく結婚

自動車保険と結婚って何か繋がりがあるのだろうか?そう思われる方も多いでしょう。
実は大きな繋がりがあるんですよ!
家族ができれば、これまでよりもっと慎重に自動車保険について考えなきゃいけません。
とはいえ、一体何から考えればよいのか?
そうですね、まずはこれまでの保険証書を準備して考えてみましょう。

 

補償についてですが、対人については無制限になっていますか?
これは独身の場合でも、多くの人が無制限になっているでしょう。
では、対物についてはどうですか?
これも最低でも1000万、2000万、無制限あたりが多いでしょう。

 

あとは、車両保険になりますが、結婚をしてからもその車に乗りますか?
それとも、買い替えを検討しているのでしょうか?
買い替え予定がある場合は、今の車の車両保険は外してもいいかもしれません。
まだ車のローンが残っていたりする場合は、車両保険は入っておきましょう。
車のローンと修理費用をすべて被る可能性があるからです。

 

あとは、人身傷害保険、搭乗者保険、無保険車傷害保険、弁護士費用等の特約、ファミリーバイク特約などたくさんの追加オプションがあります。
もちろん、保険会社によって自動的にセットされているものもありますし、そうでないものもあります。

参照リンク

損保大手6社とは・・・害大手6社は、ミレアホールディングス・あいおい損保・損保ジャパン・三井住友海上・日本興亜損害保険・ニッセイ同和損害保険となります。